私たちフコク生命は
1923年の創業以来、
互いに助け合う"相互扶助"という考え方のもと
人と人とのつながりを大切にしてきました。
100周年を迎えるまでの5年間の中で
さまざまな人たちや価値観との出会いを通して、
新しい時代の人とのつながり方を探し、
次代の"相互扶助"を考えていきます。

第1弾は、
俳優、フィルムメーカーとして活躍されている

斎藤工さん自身の経験や言葉を通して、
「"感謝"という人とのつながり方」
について考えていきます。